ヘンプ麻(アサ)は 波動も高く とても浄化力があり正しく活用することで健康役立つ植物です。
この大きな可能性を秘めたヘンプ麻(アサ)を原材料としたCBDオイルについてご紹介します。

麻(アサ)にはカンナビノイドと呼ばれる生理活性物質が122種類含まれています。
その中でよく知られているのが、マリファナの主成分で有名なTHC(テトラ・ヒドロ・カンナビノール)と、精神作用のないCBD(カンナビジオール)です。

このCBDは現在世界的に注目されており、各分野から大きな期待が寄せられている成分です。
世界で最も使われている医学・生物学系の学術データーベース(MEDLINEメッドライン)
によると、1000論文以上の研究がおこなわれています。その中で注目されているCBDの働きとしては
・発作を和らげるサポートをする
・強い抗酸化作用をもつ
・炎症を減らす
・細胞損傷を止めたり回復させたりする
・不安を和らげる
・ある特定のガンに細胞死を誘発する等の作用があります。

現在 「 麻 」と言えば 大麻などの悪いイメージがありますが、大麻=悪のイメージは禁酒法の時代までに遡ります。
禁酒法時代取り締まる為にブロックごとに配置していた警官たちを法律が廃止されやるべき事が無くなり
取り締まる対象として大麻が対象になりました。

その他、万能な麻は繊維業界やオイルの業界などに目をつけられ結果的に悪役にされたのです。
それを証明するように現在では大麻を合法化する先進国も増えてきています。

疲れがなかなか取れない方、精神的ストレスの多い方、身体の調整機能が落ちていると感じている方
には本当にお勧めです。

関心を持たれた方はお気軽にお問い合わせ下さい。

おすすめの記事