バイオパシー協会 会報 Vol.58(2018年4月)

4月 28th, 2018
バイオパシー協会 会報 Vol.58(2018年4月) はコメントを受け付けていません。
No Gravatar

バイオパシー協会 会報誌にバイオノーマライザーの工場や工程にのこだわりなどが紹介されております。
バイオノーマライザーは酵素食品でバイオパシーでは活性酸素除去や免疫の賦活化などがあると
されております。

免疫能力を上げるために、免疫抑制剤などや活性酸素除去などするため、一部抗がん剤などとの相性が
悪いことなども特徴の一つですが、裏をかえせば、それだけ頼りになる存在かもしれません。

会報誌など ご興味のある方は、お気兼ねなくご連絡ください。

タグ:

『大切な人といつまでも共に健康を目指す会』 第一回 講演会を開催致します。

No Gravatar

今や がんの発症率が50%を超えるという異常な状態のなかで
少しでも情報による難民を減らせたらと前々よりの思いを
ホームページからの発信や機関紙お電話など行わせ頂いておりましたが
この度 講演会という形でも実現させます。

『大切な人といつまでも共に健康を目指す会』 第一回

大切な人から「今までわがまま言ったけど、ありがとう」というメールでメッセージ。
数日後に、抗がん剤の副作用でもう会えなくなりました。こんな経験は2度としたくない。
そんな事は想像もしたくない。それが健全な考え方だと思います。
人は、そのような事に遭遇したり、出会いによって考え方が変わったり、生き方が変わると
思っています。

私達は、日ごろからがんの方と接していて、役に立つこと・良かった事などは何かを考え、
少しでも身近な方に知っていただければと考えています。

あの時に知っておけば良かった!あの時にすれば良かった!という後悔をしないためにも
是非ともみなさんの経験や思いや現状を分かち合い、情報交換をし、少しでも大切な人と
いつまでも共に健康でいられるお手伝いができればと考えています。

開催予定日は6月2日 土曜日

場所は 大阪府大阪市淀川区西中島 新大阪駅 徒歩1分の会場

初めての方は参加費2000円
※主催および協賛の会員様もしくはお知り合いの方は無料

定員 25名 定員になり次第締め切ります。

お問い合わせ お申し込みにつきましては、

メールかお電話にてご連絡ください。
お電話番号 072-737-7735

 

詳しい内容については、こちらから→

タグ:

太陽と月 

No Gravatar

四季が巡るように体もサイクルがあります。

古代、太陽信仰が多くの国であったように、太陽の巡りは人間に大きく関わりがあります。

人間には交感神経と副交感神経があり 免疫にとっては 安息などと関わる
副交感神経が優位である リラックスした時間や寝ている時などに活発になります。

体調を崩す方に幾つもの特徴がありますが、そのうちの一つに『睡眠ベタ』があります。

睡眠は免疫が働く上でも大切な時間なのですが、上手く寝れないのです。

普通は暗くなってきたら眠たくなるのですが、『体内時計』とお耳にした事があるかとは存じますが、
通常は『太陽の巡り』にあった巡りになっています。

だから 暗くなってくると 太陽の時間が終わりと体が反応して『副交感神経』優位に切り替わり
眠くなってきます。

ただ、太陽を受けない暗い環境に長い間いると人は『月の巡り』に合わさって来ると言われています。

それは、人が人になる前生き物として『海で暮らしていた』『潮の満ち引き』に影響されている
のでは無いか!?と言われています。

その状態になると 暗くなっても(すでに暗い)状態が通常の為、安息する時間の区切りが
つかなくなるようです。

よって 免疫が元気になるための副交感神経に切り替われず、免疫力なども低下します。

ただ 太陽を浴びる その結果 免疫が活発となる 一歩を踏み出せる。
一見つながりが無いようですが『時間』があり『大きな巡り』があり、
それが体内の免疫と関係します。

すごく簡単にご説明させて頂きましたが、免疫と交感神経について
第一人者の一人『福田稔』先生にお話をお伺いした『きらら通信10号』などございます。
(※福田稔先生は2014年にお亡くなりになりましたが、未だ多くの方に影響を与えております。)

気になる方は、お気軽にご相談ください。

気、血の流れの滞りを取り、がんも治る 自律神経免疫療法
【つむじ押し療法】【爪もみ療法】

福田先生 日本自律神経免疫療法研究会 理事長
福田稔先生

 

タグ:

枇杷葉温圧のすすめ

No Gravatar

濱田久美子先生が発行していた『leaves(リーブス)』と言う四季報で
がんや血液温熱温灸について大変勉強になる記事があります。

古いもは10年ぐらい前からおしゃっており、枇杷の葉の良さを伝える活動に関しては
もっと前より行ってらっしゃいました。

現在でも?現在だからこそ?同意権の方も多いのでは無いのでしょうか?

先生よりご使用しても良いとの許可を頂ましたので宜しければ
是非皆様もご参考にしてください。

●第14号(1999年) 『ガンという病気の結果、腫瘍が出来る ~ガンは全身病~』
腫瘍を取り除いてもガンを除去したことにはならない

 

●第23号(2008年) 『健康で楽しい老年期を ~健康を保つにも努力は必要~』
きれいな血液は正しい食生活から

 

●第26号(2011年) 『努力を惜しまず、体を動かし、ますます元気に』
枇杷葉温圧は私達の体に多くの力を与える

 

 

 

 

タグ:

きららダイジェスト

No Gravatar

色々な先生方に今までお話をお聞きして、

『がん』とは何ぞや!?

『がんに克ち』 健康になるには!?

など、代表の坂井が多くの先生や先達者にお話をお伺い勉強させて頂き、
今までの集大成『きららダイジェスト及びきららダイジェスト案内板』ですが
石黒先生の講演会やその他イベント時ご覧頂いて幾多の方より、感嘆の声を頂いております。

石黒先生も施術された方に、お勧めしているようで嬉しい事にお褒めの言葉を頂きました。

その後、代表の坂井も昨今色々な方と交流させて頂き、多くの新たな発見があるようです。
まとめて発表が出来る段階になれば 皆様へまた お知らせさせて頂きます。

集大成の 『きららダイジェスト』について ご興味がある方は、お気兼ねなくご相談ください。

キララダイジェスト含む 機関紙

タグ:

いざっ!

No Gravatar

悪性腫瘍が見つかったとの事でご連絡を頂きました。

その方はフコキサンチンなど使用なさっているそうですが
相談者様が昔、耳にした事で同じく悪性腫瘍になられた方がおり
抗がん剤や放射線など化学療法を行った結果、
甲斐なく、転移したため最終的に手術を行う事になったそうです。

その為には体力が必要という事になり一旦は化学療法を中断し、

いざっ! 

手術を行おうとした段階になり検査してみたら 消えてしまっていた!
と言う事があったそうです。

その際 体力をつける為に行っていた『健康茶』を思い出したとの事で
そのお話などできてきました。

「ふむふむ 凄いですね!」と感心をしながら

更に 詳しく更にお話をお伺いした所 消えてしまって健康茶を使って
いらっしゃる方は、私が存知上げてる方でした。

良いもの成果が残るし 残る事によって人づてにでも、伝わっていくのですね。

とある方よりご相談をおうけしました。

相談者様は、現在フコキサンチンなど使用なさっているそうですが
それだけでは不安で 他の健康法や出来る事がないかお尋ねの際に
健康茶の話もあがりましたので 少しお話をお伺いしてみると、
「親戚から話を聞いたことがあるの。
抗がん剤や放射線など化学療法を行った結果、甲斐なく、
転移してしまったので最終的に手術を行う事になって
手術の為に体力をつけるので、一旦は化学療法を中断し、
体力をつける為に『健康茶』を飲んでいて、、、、

 いざっ! 

手術を行おうとした段階になり検査してみたら
消えてしまっていた!」

と言うことがあったそうです。

「ふむふむ 凄いですね!」と逆に感心をしながら

更に 詳しく更にお話をお伺いした所
なんだか聞き覚えがある名前がでてきて、おやおや?と更に詳しくお聞きしたら
その 手術をせずに済んだ方は、私が存知上げており 少し前にも元気な声をお聞きした方でした。

不思議な縁も感じましたが、良いもの成果が残るし 残る事によって人づてにでも、伝わっていくのですね。

悪性腫瘍が見つかったとの事でご連絡を頂きました。

その方はフコキサンチンなど使用なさっているそうですが
相談者様が昔、耳にした事で同じく悪性腫瘍になられた方がおり
抗がん剤や放射線など化学療法を行った結果、
甲斐なく、転移したため最終的に手術を行う事になったそうです。

その為には体力が必要という事になり一旦は化学療法を中断し、

いざっ! 

手術を行おうとした段階になり検査してみたら 消えてしまっていた!
と言う事があったそうです。

その際 体力をつける為に行っていた『健康茶』を思い出したとの事で
そのお話などできてきました。

「ふむふむ 凄いですね!」と感心をしながら

更に 詳しく更にお話をお伺いした所 消えてしまって健康茶を使って
いらっしゃる方は、私が存知上げてる方でした。

悪性腫瘍が見つかったとの事でご連絡を頂きました。

その方はフコキサンチンなど使用なさっているそうですが
相談者様が昔、耳にした事で同じく悪性腫瘍になられた方がおり
抗がん剤や放射線など化学療法を行った結果、
甲斐なく、転移したため最終的に手術を行う事になったそうです。

その為には体力が必要という事になり一旦は化学療法を中断し、

いざっ! 

手術を行おうとした段階になり検査してみたら 消えてしまっていた!
と言う事があったそうです。

その際 体力をつける為に行っていた『健康茶』を思い出したとの事で
そのお話などできてきました。

「ふむふむ 凄いですね!」と感心をしながら

更に 詳しく更にお話をお伺いした所 消えてしまって健康茶を使って
いらっしゃる方は、私が存知上げてる方でした。

良いもの成果が残るし 残る事によって人づてにでも、伝わっていくのですね。

タグ:

多くの方達と手をつないでいきたいです。

No Gravatar

石黒式講演会には度々参加されている京都にて施術士をされている方いらっしゃり、
この度、二店舗目を開設される予定があるとのことで報告をいただきました。
そのお話に関して 石黒先生はオープンの日に駆けつけて施術の体験会などしましょうか?と
サポートをなさろうとしたやり取りなどがありました。

石黒先生の講演会を通じて、一人。

また一人と石黒式温熱療法に賛同いただく方が増え活動も活発になっております。

私共がん克服サポート研究会としましても、一人でも多くの方に石黒式温熱療法を知っていただいて、
嬉しく思っていますし。

そして 多くの方達と手をつないでいきたいです。

石黒式温熱療法については 詳しくは →こちら

我が研究会もご説明や体験などさせていただけるので
お気持ちを楽にお問い合わせください。

タグ:

石黒先生の講演会予定と近況について

No Gravatar

先日、石黒先生より、ご連絡をいただきました。

10月21日(日)に、東京中野にて石黒先生が講演会をされるご予定があるとのご連絡をいただきました。
この講演会につきましては弊社もお手伝いをさせていただく予定でございます。

詳細につきましては、詳しい事が決まり次第、随時こちらのブログを通じてご案内させていただきます。

タグ:

統合医療でがんに克つ

No Gravatar

統合医療でかんに克つ 12月号
こちらの雑誌に石黒先生の事が紹介されています。

IMG_20171124_135004

食道がんだった石黒先生の奥様(澄子様)の闘病記や、11月に大阪で行われた講演会のこと。
石黒先生の下で施術を受けられた肺腺がんの患者様が温熱療法でがんを克服された話など

4ページにわたってこの雑誌に取り上げられています。

11月の講演会にご参加いただいた方々にはすでにお受け取り頂いているかと存じます。

親族ががんを患っていて、西洋医学以外での治療法を探しているそこのあなた。
温熱療法は使い方を間違えなければとても安全な方法です。

興味をもっていただいた方は、お問いあわせください。 お電話にてご案内させていただきます。

 

タグ:

保護中: アンケートの内容を公開 –355-

10月 4th, 2017
コメントを読むにはパスワードを入力してください。
No Gravatar

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ:

保護中: アンケートの内容を公開 –354-

10月 4th, 2017
コメントを読むにはパスワードを入力してください。
No Gravatar

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ:

『金井俊潔』先生参加予定です!

No Gravatar

石黒先生よりご連絡がございまして

次回大阪で開催される11月4日に開催する講演会にて『金井俊潔』先生が来訪されるとの事で
良かったら皆さんお困りごとがあるようならご相談しては如何ですか?とお話がありました。

簡単にご説明させて頂きますと『金井俊潔』先生につきましては

10代の頃から知的障害者や養護施設・精神病院などを訪問なさったりし上智大学で臨床心理学専攻でお勉強されて
長年東京都にて児童・高齢者・障害者福祉に携わる事でそちらに関して造詣が深い、温熱・指圧の先生です。

日本指圧専門学校修了後、国家資格を取得されて、正體術、操体法、骨法、整体、バランス療法、
三軸修正法、吸い玉、温熱療法、リンパマッサージ等さまざまな手技をベースに施術。
訪問マッサージは先天的運動機能障害である脳性麻痺児者を専門とされてます。

今回の体験会で石黒先生と一緒に施術なさるとの事なので午前の間、などにご相談頂けたらと思います。

がん克服サポート研究会 加藤

タグ:

【重要】講演会のお知らせ

No Gravatar

毎年好評を頂いております。石黒先生の講演会を今年も再開させて頂きます。
今年は大阪で施術を間近で見て頂ける機会を多く増やします。

●《誰も知らないパワフル健康法》
 難病・がんを治してきた石黒式温熱法の実技を徹底解説!様々な症例をもつ患者様に対しての実践方法を詳しく紹介 
『がん克服に対する1つのアプローチ』。

予定では定点カメラを用意して多くの人に施術をモニターで詳しくご覧頂けるようにさせて頂く予定です。
開催時期などについては、詳しい情報については下記をご覧ください。
定員になり次第受付終了なのでお早めの参加希望ご連絡ください。

□日時:2017年11月4日(日) 10:00~17:00
 場所:大阪ガーデンパレス 4階 401号室(応募多数の為、406→401へ変更となりました!)
 〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-3-35

 定員:40名

※閉会後19:00 まで懇親会(懇親会は希望者のみで、お一人様 参加費2,000円)
※講演中は撮影禁止とさせていただきます。 ビデオ機器やスマホ等による撮影は一切ご遠慮ください。
DSC_1754-300x200

タグ:

保護中: アンケートの内容を公開 –353-

6月 8th, 2017
コメントを読むにはパスワードを入力してください。
No Gravatar

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ:

バイオパシー協会 会報 Vol.53(2017年6月)

No Gravatar

バイオパシー協会 会報 Vol.53(2017年6月)

乳癌の女性からのご相談があり掲載されています。
バイオ
[ご相談内容]
乳癌が見つかり、腋のリンパに転移がありステージⅢと診断されました。
2種類の抗癌剤治療を行いましたが1つは副作用が強い為、使用を中止し
乳房全摘と腋窩郭清の手術をしました。
術前、術後はパパイヤ酵素を食べました。
体調が回復してから早期に、
再発予防の為に飲み薬の抗癌剤と放射線治療を医師に進められていますが
この治療をするかどうか迷っています。
寿命よりもQOLを保てるにはどうすればいいか悩んでいます。

抗癌剤は特に全身に渡る強い副作用が考えられるので
延命効果やQOLを考えるとその選択にはとても悩みが深いところ。
どのような治療法を選ぶかは、正しい知識を持たなければなりません。

●抗がん剤の働き
抗癌剤は、経口でも点滴でも血液中に入り全身に効果を及ぼすので
癌細胞がどうであろうと、眼では見えない小さなものにも効果があります。
抗癌剤の問題点は、細胞分裂を阻害する働きががん細胞だけでなく正常な細胞にも及ぶことです。
赤血球や白血球、血小板などが作られなくなり、貧血や深刻な感染症、抜け毛、口内炎、吐き気や下痢などの症状が現れます。これを副作用と言っていますが、主たる作用の結果です。

●放射線の働き
放射線の物理的な力はDNAの鎖を切断します。
体内の水分と反応し、活性酸素を発生させます。
副作用については、局所的なのでQOLが保てられます。
しかし検査で発見されない小さながんには適用できません。

抗癌剤・放射線による治療は、ガン細胞を直接死滅させることができるので有効な治療と言えます。しかしひどい副作用が著しく生活の質を低下させ、延命どころか逆に寿命を縮めている例も少なくありません。
慎重に判断をしなけらばいけませんし、患者様によっては抗がん剤治療をやめて副作用のない治療で生活の質を向上させることも重要です。

 バイオパシー(生活機能活性化療法)の考え方
抗癌剤や放射線は、活性酸素の酸化力を利用しがん細胞を直接殺すことができるので
有効的な治療です。
青パパイヤ酵素は、最も毒素が強い活性酸素を消去するので、
青パパイヤ酵素がもつ強い抗酸化の働きが、
抗癌剤や放射線が作り出した活性酸素を消去してしまう。

バイオパシー協会では、化学療法と青パパイヤ酵素を使い分けることで、
両者の働きをしっかり発揮させる【スイッチ療法】をお勧めしています。
 ・化学療法開始前は青パパイヤ酵素を食べ副作用に耐える体力を作る。
  (治療開始1週間前から前日夜まで)
 ・化学療法を受けている間は、青パパイヤ酵素を食べない。
 ・治療が終了すれば、体調や副作用の状態に応じて、
  適量を見極めて青パパイヤ酵素を食べて副作用を早く解決する。
  
医師から治療効果と副作用の程度、QOLの見込みなどの説明をしっかり受け、
様々な情報を集める事で自分自身がどのような治療を選択するか、難しいながらも考えることが大切です。

※冊子をご希望の場合は、ご連絡下さいませ。

タグ: