自分の道を信じる挑戦者達-株式会社あさひや 小椋会長




石黒式温熱法

コミュニティサイト


 
『ガン完全治癒の3つのポイント』
「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
「ガンは自分でしか治せない!」箕輪 聡司 氏
箕輪さんの会社のスタッフ渡辺さんを取材
「不安を乗り越えた生きる力」井伊 幸子 氏
「私が信じた代替療法」黒田 孟 氏
「出会い・歌によって!がんに負けない生きてきた証!」甲斐 完治氏
「魂の叫び - 今日を生きる」 小玉 元子氏
第11弾!「ガンはあなたの心が治す」 齊藤 洋子 氏
取材掲載編(取材順に掲載)
ファストザイム(酵素飲料)勉強会より
すい臓がんで余命3ヶ月と宣告されて25年、結婚、出産も果たし、今なお前向きに生きる方を取材
ステージ4の肺がん!医者から1年と言われるが家族で克服!
乳がん全摘出手術を断り独自で治療されている方を取材
がんを克服した人達から聞いた心に響くメッセージ
ガン克服取材CDにご協力してくださった方の出版物・教材・お勧めのアイテム一覧
ガン克服に役に経つ教材
お勧め第1位 
「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」
お勧め第2位
がんのセルフコントロール・イメージ療法にサイモントン療法
お勧め第3位
痛みを軽減できる手当て療法「市川式手当て法」
お勧め第4位
「あなたにもできるガンマッサージ療法」

ガン克服に役に経つ書籍

月刊誌
治療ガイド
サイモントン療法
デットクス関連

教材

ガン克服に役に立つ食事療法
食べ合わせの薬効レシピ
ガン治療に良いとされる温泉
健康を勝ち取るサポートシート
「CAN できるよね」

がん治療-予備知識
がんの種類・症状・治療法
用語集

腸がキレイになると免疫が活性化され更に酵素が作られる-新谷弘実先生の腸内環境理論
便秘と宿便の改善法(コーヒーエネマの働きについて)
がん治療についてのQ&A

がん克服をサポートする
医師達
(取材順に掲載)

がんのような人間まるごとの病気に対するには、体だけの医学では不十分- 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一 先生
これまでに1000人以上のがん患者さんたちの様子を見て- 佐野クリニック 院長 佐野嘉郎 先生
癌の病理組織標本で共鳴反応診断、温熱療法など副作用のない療法を目指す- アドバンスクリニック院長 前田先生
「浄血」こそ万病の根本的な療法。体質にあった玄米・菜食による食事療法を実践−お茶の水クリニック院長 森下先生
腸内環境を整えることこそ、治癒の近道である - ナチュラルメディスン たなべクリニック院長 田辺裕貴先生
西洋医学の標準治療以外にも方法はあり−健康増進クリニック院長 水上治先生
健康な精神・肉体を創るために必要な生物学的療法とは?−キャンサーケアクリニック神田院長 菅野光男先生
多くの人々が健康で幸福に暮らせる活力ある社会作りをめざす−NPO法人 がんコントロール協会 森山晃嗣理事長
「科学的根拠」と「費用対効果」を重視した治療−銀座東京クリニック院長福田一典先生
抗ガン剤も使わず、自分で治せる自律神経免疫療法
湯島清水坂クリニック 院長 宮島賢也先生
酵素に着目した医療で、がんを消す免役強化療法〜鶴見クリニック 鶴見隆史院長
気、血の流れの滞りを取り、がんも治る-自律神経免疫療法 【つむじ押し療法】【爪もみ療法】 日本自律神経免疫療法研究会 理事長 福田稔先生
難病も早期に治る 〜ミトコンドリアを活性化させる免疫病治療法〜 西原研究所所長・日本免疫病治療研究会会長・ミトコンドリア博士(R)西原克成氏
ひとり一人に合わせて処方した漢方で健康に〜
漢方専門医院 松本有記クリニック院長 松本有記氏
ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に!〜
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長 松田麻美子氏
 
自分の道を信じる挑戦者達
(取材順に掲載)
 
人間も畑と同じ。体内の微生物が元気になれば、健康になる。〜松宮隆氏
5本指ソックス(コンフォートサポートソックス)で、本来の健康な体へ戻す

西式健康法の西万二郎先生

がん患者さんの口コミで温熱療法を休む日もなくボランティアで行っている石黒先生part1

温熱法で食道ガンが消えた!石黒先生の奥様のがん体験記石黒先生 part2

「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」予防医学・代替医療振興協会秋好先生
がんの克服に向けて私たちに今何ができるか?-NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン 野本代表
「自然治癒力(免疫力)」を高めることにより自分の力で治すことを目指す- 薬方堂 佐藤先生編
「自然治癒力を発動させる3つの条件」の著者に取材!- 総合整体学院 井草 学院長編
紳士・婦人服店10店舗は『道は近きにある』の積み重ね- 株式会社あさひや 小椋会長 編
「真の意味で心身共に元気になっていただくこと」- 薬剤師 松井先生編
患者さんが元気になるために全力を尽くす - 歯科医の宮本先生編
「愛、勇気、和らぎ、感謝の心をいつも胸に」 鍼灸接骨院の筒井院長
がんと闘う人たちの声
 
 
 
がん克服情報を共有するための試み

当社の蔵書一覧。閲覧いただくことも可能です!

 
 

海外発送サービス

 





がん克服サポート研究会をサポートしてくださる企業様を募集中>詳しくはこちら

 

トップ 自分の道を信じる挑戦者達 >株式会社あさひや 小椋会長編
                                               
自分の道を信じる挑戦者達

紳士・婦人服店10店舗は『道は近きにある』の積み重ね
- 株式会社あさひや 小椋会長のお話 -

小椋会長の商売の考え方の原点

まずお会いすると、この詩を読んでみてという事から始まりました。
「後からくる者のために田畑を耕し、種を用意しておくのだ。山を川を海をきれいにしておくのだ。ああ、後からくる者のために苦労をし、我慢をし、みなそれぞれの力を傾けるのだ。後から後からついてくる。あのかわいい者たちのために、みなそれぞれ自分にできる何かをしていくのだ。」この詩は、小椋社長の商売のきっかけでもあり共鳴できる内容だそうです。  
 (写真左:小椋会長、 写真右:がん克服サポート研究会 坂井)


20年間ボーイスカウトのボランティアで学んだ事

小椋会長 
ボーイスカウトは、20歳ごろからやって、40歳までの20年間そのボーイスカウトで色々子供たちとキャンプしたりしました。毎週毎週私がプログラムを組んで、子供たちと一緒にやっていくと、ちょっと約束破れば子供たちは来ないんです。お金は無料で来てるから損得なしでほんとに自分に身につくおもしろい、楽しいことを行うと来るけど、ちょっと約束破って楽しくなかったら絶対来ないんです。僕らもお金をもらってボランティアやってるのではないので、来て下さい!来て下さい!というような姿勢ではないんです。

子供たちに楽しんでもらう為に、商売は平日やりながら、土日にはどういうことをしようかとプログラムを考えて、キャンプの下見に行ったりして、お寺の同級生の和尚と一緒にやってきました。


ボーイスカウトの教え子が店長に!!

坂井 良い商品をどのようにして探していたのですか?

小椋会長 
一冊の本からです。メンズクラブという一冊の本に出会ってここまで来れました
    メンズクラブはその時代のメンズの本で一番後ろのページに、服の宣伝が掲載されていて、その服が東京の服でした。どうしても欲しくて、東京まで仕入れたいと思い現地まで確認しに行きました
そこの服を取り扱って、他にも色々やってたという、それが発展の原点になってきたわけです。八幡に店を出展した時は、オール東京の物でした。

ボーイスカウトでの教え子が、大学に行きながら八幡店を出す前にアルバイトに来てくれていました。
八幡に店を出す話がまとまった時は、私が行くわけにいかないので、洋服が好きな教え子に、『任せたらやっくれるか?』と言ったら「やります」と言ってくれたのです。

そして、『絶対大学は4年で卒業しないと困るので、それだけは約束。それができなければ雇うことはできない。』と約束を交わしたのです。
それで『必ず卒業します!』って言うので、それだけ約束するならうちに来てもらってもいいという事になったそうなんです。

そしてファッションが好きやから、大学行くときには会社のお金を使って、ファッション見に行くんやから、東京行ったり、名古屋行ったり、大阪行ったり、最初は僕が全部連れて行ってました。

八幡店は、東京の原宿のデザインを名古屋の人に建ててもらいました。それも一つの雑誌からの出会いなんです。雑誌見て名古屋に行って、名古屋の建物見て、東京見て、スケッチ描いてもらって、これだったら良いだろうと。

そのスケッチを八幡店の場所を借りる人に見せたら、すぐに返事はくれませせんでした。その方は、土木建築関係の人で半年くらいしたら建てる言ってくれたのです。

それから八幡の店を出して、彦根の店、八日市も三店舗、今は二店舗しかないけど。まあそういう風にしてだんだんだんだんバブルの前ぐらいから、ぐうっとファッションに対して豊かになってきました。

ご縁というのは不思議なもの、、、

小椋会長
現在、私は会長で6年前に今の社長(岡地さん)にしてもらっています。
その同級生が自動車が面白いという事で日産自動車に最初に行って、次に衣料のメンズのファッションの会社に就職し直して、それはものすごい大きなデパートに入ってる西武系の会社でした。『あさひや』とは比べ物にならないくらいです。

そこへ入社して仕事ができるようになれば、転勤の繰り返しで、お盆か正月に帰ってきて、『あさひや』が素敵な店になって、そこで岡地さんが働いているので、ぽろっと言ったんでしょう。『もう、転勤ばっかり嫌や!』と、その事を私が聞いたから、ダイエーに出店する時に、手伝ってくれるかと岡地さんに聞いたら、岡地さんは一回会いに行ったらどうかと言ってくれました。

そして、『そしたら会いに行く!今はどこの店にいるのか?』と言うと、
『仙台の店』という事がわかり、嫁さんと仙台に行ったんです。
決して、岡地さんに頼まれたのでなく、私が行くと自分自身で決めました。

坂井 信じきってずっと付き合いますけど、その人が本当かどうか信じられないとなったら?

小椋会長 信じられないことはないわな。もうちょっと言うと、人間好きにならないといけない。あれこれ、人の悪いこと言ったりするやんか。自然も好きな人もいっぱいいるけどよ、人間が好きにならないとと思いました。好きってことは大事にすることなんです。

損とか得とかそういうのを抜きにして、人間好きになるという。もうちょっと言うと、「自分の目指す道は近きにある」ということわざもある。これは27歳のときに知った言葉やけどね、書いたものをもらいました。それはどういう意味かと思って10年ほど経ったら、この意味がだんだんわかってきました。自分の行く道は、本当に遠いところじゃなく近くにあるという。簡単に言うと、あなたに一番近い人は誰ですかという。

一番近い人は、誰ですかと言うと、だいたい友達の名前を言われます。
本当か?と言うと、また考えられます。本当にそうか?と言うと、たいてい一言しか
返ってこないです。ほとんどお母さんとか、だから、お母さんのことを知らない、
お母さんを理解しなかったら、こんな寂しい事は無い。そこに原点がある。母っていうもの、お母さんということが一番近い道ということは、お母さんがあなたのことを、1番心配しているということや。あなたは忘れているかもしれないけど。そこに自分の道が開けていくということ。だから、私に今一番近いのは坂井くんや。だからあなたとしゃべることが、僕にとって今は一番近い。もうちょっと近いのは、隣の女の人やら下にいる人が近い。

それは時によっては、入れ替わり立ち替わり。でも、その道が開いていくのは一番近いところにいる人が開いてくれる。開いていかなければならない。もっと言うと、一番近い所にいるっていうのは、自分の心の中にそれはあるということです。

仕事する上で、あなたに一番近いところにあるものといったら商品です。商品を持ってきてくれるメーカーの人。その人ときっちり付き合えないと、道は開けないって。そして来てくれるお客さんや。そこに幸せ感が見えてくるんじゃないかという。

だから、お好み焼き屋に行ったら、お好み焼き屋のおばちゃん、焼いてくれる人が一番近いわけや。ありがとうと言える、おいしかったと言える、そういう近い人に、心を許して信じきる。そういうことができる自分が幸せですよという。してもらうことが幸せじゃないわけや。ありがとうと向こうから言って良かったじゃあだめやね。私から言わせれば、自分から言える。

自分から言えるのは、お好み焼きを焼いたことがないと言えないやんか。銀行で計算してありがとうって大変だなって、自分で計算して銀行って大変やなぁということが言えるわけや。花屋さんいっても綺麗な花やと摘んで、ああいう花とってきてるとこ見てきて、大変やなあと。2000円でこれだけの物ありがとうと自然に言える。


「特定の健康食品」を伝えたいとおもったきっかけ

坂井 小椋会長の周り方で、「特定の健康食品」で良くなった事例とかありますか?

小椋会長 
少ないです。少ないけど、「特定の健康食品」を飲んでいた方で
『これで死んでいくことが幸せ。それぐらい僕の癌を和らげてくれる。もう治る時期は僕はもう過ぎました』という言葉を聞いて、「特定の健康食品」に惚れました。

「特定の健康食品」で亡くなっていくことが僕にとって幸せ。なんでかと言ったら、痛みを和らげてくれると。他のものだと、抗癌剤打ってもだんだんだんだん痛くなってきて、その「特定の健康食品」は痛みを和らげてくれる。そのことが僕にとってものすごくいいと、それははっきり言えると。その言葉を聞いてこれはすごいなと思いました。

これはなんとかして手に入れたいと思いましたが、なかなか教えてもらえなかったのです。だが、この人に教えてもらったので、この人を大事にしていかないといけないと思いました。それを飛びぬけて商売しようなんて思ったら、絶対駄目だと思いました。


同級生の為に買った毛布

私の同級生で肺癌になって、10月頃から肺癌になって煙草吸って、だんだん悪くなってきて、私が「特定の健康食品」と毛布を扱っている事を知っていたから、奥さんが来て「特定の健康食品」を持ってかえって、他に何か変わったことがないかと聞くと、すごく寒がると言われていました。

これはもうステージ4やし、それで肌着と毛布を買ってあげて、絶対に暖かいからと言って渡しました。ものすごい喜んでくれて、その肌着が何年か経って、年配の方が店に来て、『ワシの息子が、あんたのとこの会社に分けてもらった肌着を離さず着てると。これと同じものを破れてきたからもう一つ欲しい』と。あのときは驚きました。

「特定の健康食品」を扱っている会社の社長が「特定の健康食品」をいかそうと思ったら「特定のお水」が大事だと言う事を聞きましたが、私はがんの方とも接していた経験から、納得しました。だから「特定の健康食品」を扱っている会社の開発した「特定のお水」を値段もわからないまま取り付けてもらいました。

事務員さんはその「特定のお水」を買わないけど、事務員さんと男の人はものすごく良いと言い、毎朝汲みに来て、持って帰ります。ほんとに身近な人が喜んでくれる事は、嬉しいです。

今では、「特定の健康食品」、「特定のお水」、毛布など健康に良いと思った物も人に紹介したりして、お役にたてれたらと考えています。



あさひやグループ

本社所在地 〒527-0022
滋賀県東近江市八日市上之町2-7 ウイング八日市605
0748-22-0668 http://www.asahiya-group.com

店舗
ASAHIYA 八日市本店 (東近江市)
ASAHIYA 近江八幡店 (近江八幡市)
LOBBY ビバシティ(彦根市)
LOBBY マイカル近江八幡(近江八幡市)
roots (大津市)
FIRST AQUA (近江八幡市)
AMAI OLIVE des OLIVE (近江八幡市)
two FIRST AQUA (近江八幡市)
FIRST APIA (東近江市)
FIRST MORIYAMA (守山市)


特定の健康食品特定のお水について
取材の中で出てくる健康食品やお水の名前に関しましては、すべて「特定の健康食品」「特定のお水」としています。特定の健康食品や特定のお水とは、取材にご協力してくださいましたすべての方が共通する特定の健康食品やお水を指すものではありませし、数種類の健康食品やお水を指すこともあります。特定の健康食品やお水の部分に健康食品やお水の名前を出す事により、効能効果と思える表現になる可能性がありますので、あえて名前はふせてあります。

ご興味のある方は、お気軽に072−737−7311までお電話でご連絡下さいませ。もしくはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さいませ。

無料プレゼント!

癌(がん)を克服してきた人達の物語シリーズは、出来る限り長く無料でモニター特典としてプレゼントを行いたいのですが、予告なく終了するかも知れませんので、その際にはご了承下さいませ。
私達もなるべく本当に必要だと感じる方に出来れば長く無料でおくばりしたいという思いがありますので、アンケートなどにご協力してくだった方に無料プレゼントさせていただきます。

取材CD

癌を克服してきた人達の物語CD(音声のみ)
第1〜5弾のいずれか1本無料プレゼント中!

第1弾 「治った!ありがとう」ステージ4の舌癌克服
第2弾 「5年生存率が低いとわかっても、乗り越えられた言葉」
第3弾 「もう一度白衣を着たい」5度の癌克服 
第4弾 「ガン完全治癒の3つのポイント」
第5弾 「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
取材CD

 

ニュースレター
ニュースレター「希輝(きらら)通信」
いずれか1冊無料プレゼント中!
きらら通信

お申込はこちらのフォームから

今なら無料で実際にがんを克服した方、がん克服のお手伝いをしている方、書籍をご購入した方、取材にご協力してくださった方が自由に情報の閲覧が出来るコミュニティサイトにご招待します。→詳しくはこちら

※インターネットでのお申込みについてのご質問等は、
072−737−7735までご連絡下さいませ。
営業時間:月〜金 9:30〜18:00まで 定休日《土曜・日曜・祝祭日》

 

 

トップページ 取材CD・きらら通信をプレゼントする理由 会社概要 ご利用案内 お問い合わせ 最新情報  プライバシーポリシー 
Copyrights(c) 2010  特定非営利活動法人 がん克服サポート研究会 All Rights Reserved