「自然治癒力(免疫力)」を高めることにより自分の力で治すことを目指す。株式会社 自然薬方研究所 薬方堂 佐藤先生編



石黒式温熱法

コミュニティサイト


 
『ガン完全治癒の3つのポイント』
「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
「ガンは自分でしか治せない!」箕輪 聡司 氏
箕輪さんの会社のスタッフ渡辺さんを取材
「不安を乗り越えた生きる力」井伊 幸子 氏
「私が信じた代替療法」黒田 孟 氏
「出会い・歌によって!がんに負けない生きてきた証!」甲斐 完治氏
「魂の叫び - 今日を生きる」 小玉 元子氏
第11弾!「ガンはあなたの心が治す」 齊藤 洋子 氏
取材掲載編(取材順に掲載)
ファストザイム(酵素飲料)勉強会より
すい臓がんで余命3ヶ月と宣告されて25年、結婚、出産も果たし、今なお前向きに生きる方を取材
ステージ4の肺がん!医者から1年と言われるが家族で克服!
乳がん全摘出手術を断り独自で治療されている方を取材
がんを克服した人達から聞いた心に響くメッセージ
ガン克服取材CDにご協力してくださった方の出版物・教材・お勧めのアイテム一覧
ガン克服に役に経つ教材
お勧め第1位 
「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」
お勧め第2位
がんのセルフコントロール・イメージ療法にサイモントン療法
お勧め第3位
痛みを軽減できる手当て療法「市川式手当て法」
お勧め第4位
「あなたにもできるガンマッサージ療法」

ガン克服に役に経つ書籍

月刊誌
治療ガイド
サイモントン療法
デットクス関連

教材

ガン克服に役に立つ食事療法
食べ合わせの薬効レシピ
ガン治療に良いとされる温泉
健康を勝ち取るサポートシート
「CAN できるよね」

がん治療-予備知識
がんの種類・症状・治療法
用語集

腸がキレイになると免疫が活性化され更に酵素が作られる-新谷弘実先生の腸内環境理論
便秘と宿便の改善法(コーヒーエネマの働きについて)
がん治療についてのQ&A

がん克服をサポートする
医師達
(取材順に掲載)

がんのような人間まるごとの病気に対するには、体だけの医学では不十分- 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一 先生
これまでに1000人以上のがん患者さんたちの様子を見て- 佐野クリニック 院長 佐野嘉郎 先生
癌の病理組織標本で共鳴反応診断、温熱療法など副作用のない療法を目指す- アドバンスクリニック院長 前田先生
「浄血」こそ万病の根本的な療法。体質にあった玄米・菜食による食事療法を実践−お茶の水クリニック院長 森下先生
腸内環境を整えることこそ、治癒の近道である - ナチュラルメディスン たなべクリニック院長 田辺裕貴先生
西洋医学の標準治療以外にも方法はあり−健康増進クリニック院長 水上治先生
健康な精神・肉体を創るために必要な生物学的療法とは?−キャンサーケアクリニック神田院長 菅野光男先生
多くの人々が健康で幸福に暮らせる活力ある社会作りをめざす−NPO法人 がんコントロール協会 森山晃嗣理事長
「科学的根拠」と「費用対効果」を重視した治療−銀座東京クリニック院長福田一典先生
抗ガン剤も使わず、自分で治せる自律神経免疫療法
湯島清水坂クリニック 院長 宮島賢也先生
酵素に着目した医療で、がんを消す免役強化療法〜鶴見クリニック 鶴見隆史院長
気、血の流れの滞りを取り、がんも治る-自律神経免疫療法 【つむじ押し療法】【爪もみ療法】 日本自律神経免疫療法研究会 理事長 福田稔先生
難病も早期に治る 〜ミトコンドリアを活性化させる免疫病治療法〜 西原研究所所長・日本免疫病治療研究会会長・ミトコンドリア博士(R)西原克成氏
ひとり一人に合わせて処方した漢方で健康に〜
漢方専門医院 松本有記クリニック院長 松本有記氏
ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に!〜
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長 松田麻美子氏
 
自分の道を信じる挑戦者達
(取材順に掲載)
 
人間も畑と同じ。体内の微生物が元気になれば、健康になる。〜松宮隆氏
5本指ソックス(コンフォートサポートソックス)で、本来の健康な体へ戻す

西式健康法の西万二郎先生

がん患者さんの口コミで温熱療法を休む日もなくボランティアで行っている石黒先生part1

温熱法で食道ガンが消えた!石黒先生の奥様のがん体験記石黒先生 part2

「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」予防医学・代替医療振興協会秋好先生
がんの克服に向けて私たちに今何ができるか?-NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン 野本代表
「自然治癒力(免疫力)」を高めることにより自分の力で治すことを目指す- 薬方堂 佐藤先生編
「自然治癒力を発動させる3つの条件」の著者に取材!- 総合整体学院 井草 学院長編
紳士・婦人服店10店舗は『道は近きにある』の積み重ね- 株式会社あさひや 小椋会長 編
「真の意味で心身共に元気になっていただくこと」- 薬剤師 松井先生編
患者さんが元気になるために全力を尽くす - 歯科医の宮本先生編
「愛、勇気、和らぎ、感謝の心をいつも胸に」 鍼灸接骨院の筒井院長
がんと闘う人たちの声
 
 
 
がん克服情報を共有するための試み

当社の蔵書一覧。閲覧いただくことも可能です!

 
 

海外発送サービス

 





がん克服サポート研究会をサポートしてくださる企業様を募集中>詳しくはこちら

 

トップ 自分の道を信じる挑戦者達 >株式会社自然薬方研究所 薬方堂 佐藤先生編
                                               
自分の道を信じる挑戦者達

「自然治癒力(免疫力)」を高めることにより

自分の力で治すことを目指す


- 株式会社 自然薬方研究所 薬方堂 佐藤先生編 -

漢方薬、自然食品、健康食品販売と食事相談の薬方堂 佐藤成志先生と、ご子息の佐藤秀彦先生に取材をさせていただきました。

佐藤成志先生は、お茶の水クリニックで長年にわたり、慢性病患者の食養改善を指導してこられ、穀菜食や水に関する著書も多数執筆。講演活動なども行い、その活動は多岐にわたります。

ご子息の秀彦氏と共に、治療が困難とされている病気に多くの実績を残されているとお伺いしましたので、今回、取材をお願いしました。
 
(写真左:佐藤成志先生、写真右:佐藤秀彦先生、写真中央:がん克服サポート研究会 坂井)

 

薬方堂の佐藤 成志先生への取材

佐藤: 癌をはじめたくさんの病気がどんどん増えていますね。
本当に医学が進んでいるとか科学が進んでいるならもっと減らなくちゃいけないと私は思うんですよ。
ところが現在の病気の多くは生活習慣病といわれている通り、日常の生活習慣に原因があって起こったわけです。その生活習慣、とくに食習慣を正さない限り決して根本解決にはならないと私は思っているんです。その理由は、食べ物が生命をつくり、生命を育てているからです。

生命を合成するとか、遺伝子を組み換えるとか、僕からすれば何の役にもたたない。人間が勝手にやることは自然界には存在しないものが多いんです。その代表的なものが農薬や合成化学薬品や一代で終わる遺伝子組み換え作物などです。だから、私は薬が専門なんですが合成化学薬品を使うのは40年前から止めたわけです。

坂井: 40年前からですか。それは一切使用しないということですか?

佐藤: 普通の化学薬品はね。例えば、痛みがかなりひどいとかいう場合には使わざるを得ない。けれど、治すものではないと私は思っているんです。だから薬が駄目だというんじゃなく、使わなくちゃいけないこともあるけど根本治療にはならないですよと。あくまでも対処療法だね。

オシッコが出ない時には利尿剤が必要なこともあるし、熱が上がったら下げなきゃならない。 だから根本治療を目指して40年やってきたわけです。間違っていなかったと思いますよ。治るからです。治れば本当でしょう。 だから、私には難しい理論や学説も必要ないんです。治れば本当。治らなければいかに立派な学説だろうがたいしたことないと思っている。したがって私には実践しかない。実績があれば否定できませんからね。それでいいんじゃないでしょうか。

生活習慣病という言葉もありますが、その中でも食習慣が基本だと思いますよ。そこにスポットが当たらなければ駄目だし、あとは、ストレス・過労・大気汚染の問題もあるね。

坂井: 癌の人達に対して、一番伝えたいことってどういうことでしょう。  

佐藤: 癌と宣告受けたら、どん底につき落とされた気持ちになると思いますよ。しかし、命がある限りは自分で治せる可能性はあると申し上げる。もちろん絶対っていう保証はできないけどね。しかし、絶対に駄目だといわれて助かっている人がいっぱいいるわけです。
人間の命は神様にしかわからないんだから、とにかくベストを尽くす。
何をするかが問題で、私は3本の柱でやっている。

1番目は正しい食事と水が基本。身体をつくる基になるからです。悪い物は摂らない。とくに肉・卵・牛乳・刺身・甘い物。油脂のとりすぎも禁物です。そして、主食はなるべく未精白の穀類にして、よく噛むことです。
副食は、野菜、海藻、豆腐、納豆、小魚、貝、つけ物、梅干等にします。
2番目の柱は、葉緑素、胚芽、酵素の補充が有効です。
3番目の柱は、必要に応じて漢方薬の力を借りることです。

坂井: 先ほどモツは駄目だって聞いたんですが駄目なんですか。

佐藤: そうですね。モツは内臓でしょう。鳥でも豚でも内臓は一番危険ですから。 ほとんどが人工飼料や濃厚飼料で育っていて野生で育てられたものはなかなかいない。
例えば鶏だったら孵化して、ブロイラーで早く育てるために人工飼料に成長ホルモン等を入れるわけです。 ほかにも肉を柔らかくする為のホルモン剤や、抗生物質だとかを入れて育てる。そういった毒素が肝臓や内臓にたまる。だからモツは危険なんです。

薬方堂では、食べ物だけではなく、農薬や食品添加物の問題、大気汚染や環境問題、ストレスや過労などあらゆる面から取り組んでいるわけです。

坂井: 癌の方に水や食事の話をされますが、心の持ち方に関してはどうですか。

佐藤: 私は欠陥だらけの人間ですから、心について話す資格はありませんが、治られた方や、余命何ヶ月といった宣告を受けても治るよう希望をもって頑張っている方々など、店に来られる多くの方々から学ばさせてもらってます。

例えばね、同じ胃ガンで4期の人が二人、まったく同じ状態でここに来て、私が言った3つの柱をしっかりやってもらう。しかし、非常に早く治る人となかなか治りの遅い人の差が出るとする。
この差は何かと考えると心の問題だなっていうところにたどりつくんです。
要するに、ストレスの発散がうまくできる人と出来ない人との差です。
治りの早い人は物事をなんでも前向きに考えることができるんですよ。

ご婦人の方で、手術も嫌だ、抗癌剤も嫌だって、じゃあ何もできないだろうって病院から家に帰されたんですけど、余命3ヶ月って言われてその方は「やったあ、3ヶ月あるじゃない。3ヶ月あれば何とかなる。」と思ったそうですよ。普通はもう駄目だと思うでしょう。3ヶ月あるって思えるとは凄いと思いましたね。
それで、3本の柱をしっかりやったんですよ。今、この人は元気で仕事をやってますよ。本当に。そのような考え方は非常に大事ですね。

だから私はいつも言うんですけど、「青空みえるでしょう」「雲がみえるでしょう」「木も緑にみえるでしょう」って。目の見えない人はいっぱいいるよ。いろんな物が見えるっていかに幸せなことか。
話をしていても「会話がお互い通じるでしょう、嬉しいことだね」全く聴こえない人もいっぱいいるよ。 喋れない人だっていっぱいるよって。
あなた幸せなんですよって。生きていることへの感謝の心が大切ですね。

今回お話をお伺いした、佐藤薬局の佐藤 成志先生の
ご子息の佐藤秀彦先生との対談です。

坂井: どのような方法で癌の方をサポートしているのでしょうか?

佐藤秀彦先生: ガンを克服する為には3本の柱が必要と考え、その内の1本に正しい食生活、これに重きをおいています。

うちは漢方専門の薬局ですが、漢方とは根本療法を目指すわけです。従って、やがて病気を治すための薬が必要なくなる、すなわち治るという考え方です。
一生飲み続ける薬というのは、はたして薬なのかということです。

本当は、食生活だけで充分健康維持していけるというのがうちの信念なんです。食事をしない人はいないですから食べるものを厳選して身体にいい食生活を勧めているんですよ。
それでもどうしても状態が緩和できない場合、例えば、痛みが酷いとか、尿の出が悪いなど、急を有する時には漢方薬の力が必要です。

あと、補強食品といいますか、うちのオリジナルでいくつかあるんですが、「葉緑素」や「胚芽」、「酵素」など食事を補うようなものですね。
そして最終的に3番目に必要とあれば漢方薬なんですよ。

坂井: 位置的に漢方は3番目で、きちんとした食生活で治るし、足りない場合は補助食品というというお考えなんですか。

佐藤秀彦先生: 実際に漢方を使わなくても良くなられてる方が大勢いらっしゃるのでね。

坂井: 食生活の指導とは、どこまでされるのでしょうか。

佐藤秀彦先生: ご本人が納得されるまでです。
まずどういうものを食べていたかと、「これは好きですか」など、うちの相談カードに記入してもらいます。すごく基本的なことですが、引っかかるものばかりですよ。 全部好きになると大問題になるんですよ。
これは。キーワードが幾つか入っていて、その中で絶対に食べない方がいいよというものと、どんどん食べてくださいというものを分けているんです。

玄米菜食の流れってたくさんありますけど、基本的には共通点は多いですね。穀物・野菜・海藻をたべましょう、醗酵食品や小魚、貝類、漬物、梅干も食べましょうということなんです。

うちの食事療法は、みなさん力が出て元気になると言ってくださいます。

坂井: 豚肉は実際どうなんですか?

佐藤秀彦先生: そうですね。現在の栄養学的では良いとなっていますが、うちでは悪い方に入れています。 肉類全部です。魚になると話は別になるんですが、小さい魚はいいけれど大きい魚はだめです。

坂井: 大きい、小さいはどこから分かれるのですか。

佐藤秀彦先生: 身だけを食べるのか、頭から尻尾まで全部を食べるのかということですね。例えばメザシやシラスだとかは丸ごと食べるじゃないですか。大きい魚はさしみで身だけ食べますよね。さんまやいわしなどは頭からしっぽまで食べる人もいますが、大きい魚は丸ごと食べない人の方が多いですよね。小さい魚は内臓や皮なんかも食べられるからいいんですよ。
肉よりは魚の方が圧倒的にいいんですけれど、一般的に切り身を少し食べる程度でしょう。それくらいは問題ないですよ。

そういうふうに食事を分けて、悪いものをカットしながらこういう物をたべましょうねとやっていくと明らかに体調が変わってきます。それだけで元気になって、ありがとうございましたと言われる方がたくさんいらっしゃいます。

ところが、ガン、肝臓病、重度のアレルギー、再生不良性貧血などの重度の貧血というのは難病指定になっているほどですから、そういった場合は食事療法だけでは追いつかないので補強食品を勧めて、状況によっては漢方薬になりますね。

もちろん、健康な人でも病気予防のために補助食品や薬草をお使いになられている方もたくさんいらっしゃいますよ。

坂井: 補助食品に関しては食事指導と一緒に教えるのでしょうか。

佐藤秀彦先生: 一緒です。うちでは相談時間が長いんです。お一人1時間〜2時間くらいがっちり相談して、そして納得していただいてがんばってもらう。キーポイントは食生活なんです。
そこはご本人の自主的な問題ですから、こちらから見ながらそれは駄目というわけにはいきませんので、しっかりとやってもらう。
買い物も料理もご自分でされるんですから、その点を一番に納得してもらいます。

坂井: 漢方は何種類くらいですか。

佐藤秀彦先生: 数百種類。組み合わせでいろいろな処方をつくります。処方の中身は複雑な学問で効率よく働く処方を選びます。

坂井: 健康食品や補助食品で根拠がないと言われる方、多いですよね。漢方は経験だと言われませんか。根拠について聞かれませんか。

佐藤秀彦先生: 中にはいらっしゃいます。ただ、うちに来られる方はほとんどがクチコミで実際に治った方を見ておられるので、安心してこられます。
勉強会や相談会にどんなものかのぞきに来られた方なんかは、根拠や科学的な証明なことを言われることはあります。

漢方薬というのは、組み合わせによって違う力を発揮するし、自然界のものですから、一つの成分ではないんです。あとは体内でどんな働きをするか、現在の栄養学や西洋医学的考えにあてはめられると科学的根拠は薄いということもありますが、生命は科学だけでは分かりません。
ただ、最終的には病院の薬や漢方薬、いろいろな治療法や手術、なんでもいいんです。治るか治らないかなんです。患者さんはそこにすがっているんです。

実際に良くならなければ、どんな学説だろうが、理論だろうが意味はないと思います。治るにしても健康的に治っていく。一生薬を手放せないというのではなく。そういう意味でうちは自信を持ってやっています。

 

詳しくは、がん克服サポート研究会の運営する、会員様専用のコミュニティサイトにて順次公開してまいります。

聞き手:がん克服サポート研究会サポート 坂井


その他の収録内容

・食事療法を指導されるとストレスがたまるという方にはどう指導されますか?

・ 例えば、ガンの方がいらっしゃって、食事指導をされて病状によっては補助食品を変えていったりですか?

・ 葉緑素の力とは?

・ 治っている方達、どういう方が多いんでしょうか。どういう考え方の人というか。

・ 卵も乳製品もだめな理由とは?



株式会社 自然薬方研究所 薬方堂
所在地 〒301-0043
茨城県龍ヶ崎市松葉 5-10-3
TEL 0297-66-6660 、FAX 0297-66-1199
http://www.yakuhodo.com

※取材内容中に出てくる「葉緑素」・「胚芽」・「酵素」・「雑穀」ですが、 薬方堂で独自研究しているものですので、 ご興味のある方は、お気軽に072−737−7311までお電話でご連絡下さいませ。もしくはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さいませ。



最後に、今回取材させていただきました、佐藤先生の著書がたくさん出版されていますので、その一部ですが、ここで紹介させていただきます。

穀菜食がガンを治す
ファイル b001.gif

穀菜食がガンを治す
自然医学が実証した究極の基本食
佐藤 成志 (著)
広済堂出版
800円(税込)

体質の悪化が原因の慢性病。これを治すために本書では、抗ガン剤や放射線、手術といった対症療法でなく、「食べ物」を主とした自然医学的手法によって、ガンの予防と治療へのアプローチを示しています。

ガンが助かった驚異の治療法

ファイル b001.gif

ビデオ
「ガンが助かった驚異の治療法」

企画・制作:株式会社エス・エス・シィ
3,000円(税込)

生禄生証言、映像ドキュメント
三段階食事療法でガンは治癒する ガン治療の根幹は食生活の徹底改善
取材させていただきました 佐藤成志 先生の著書、ビデオは、がん克服サポート研究会からの購入はできません。(Amazon.co.jpや書店からご購入下さい)

無料プレゼント!

癌(がん)を克服してきた人達の物語シリーズは、出来る限り長く無料でモニター特典としてプレゼントを行いたいのですが、予告なく終了するかも知れませんので、その際にはご了承下さいませ。
私達もなるべく本当に必要だと感じる方に出来れば長く無料でおくばりしたいという思いがありますので、アンケートなどにご協力してくだった方に無料プレゼントさせていただきます。

取材CD

癌を克服してきた人達の物語CD(音声のみ)
第1〜5弾のいずれか1本無料プレゼント中!

第1弾 「治った!ありがとう」ステージ4の舌癌克服
第2弾 「5年生存率が低いとわかっても、乗り越えられた言葉」
第3弾 「もう一度白衣を着たい」5度の癌克服 
第4弾 「ガン完全治癒の3つのポイント」
第5弾 「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
取材CD

 

ニュースレター
ニュースレター「希輝(きらら)通信」
いずれか1冊無料プレゼント中!
きらら通信

お申込はこちらのフォームから

今なら無料で実際にがんを克服した方、がん克服のお手伝いをしている方、書籍をご購入した方、取材にご協力してくださった方が自由に情報の閲覧が出来るコミュニティサイトにご招待します。→詳しくはこちら

※インターネットでのお申込みについてのご質問等は、
072−737−7735までご連絡下さいませ。
営業時間:月〜金 9:30〜18:00まで 定休日《土曜・日曜・祝祭日》

 

 

トップページ 取材CD・きらら通信をプレゼントする理由 会社概要 ご利用案内 お問い合わせ 最新情報  プライバシーポリシー 
Copyrights(c) 2010  特定非営利活動法人 がん克服サポート研究会 All Rights Reserved