ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に! 




石黒式温熱法

コミュニティサイト


 
『ガン完全治癒の3つのポイント』
「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
「ガンは自分でしか治せない!」箕輪 聡司 氏
箕輪さんの会社のスタッフ渡辺さんを取材
「不安を乗り越えた生きる力」井伊 幸子 氏
「私が信じた代替療法」黒田 孟 氏
「出会い・歌によって!がんに負けない生きてきた証!」甲斐 完治氏
「魂の叫び - 今日を生きる」 小玉 元子氏
第11弾!「ガンはあなたの心が治す」 齊藤 洋子 氏
取材掲載編(取材順に掲載)
ファストザイム(酵素飲料)勉強会より
すい臓がんで余命3ヶ月と宣告されて25年、結婚、出産も果たし、今なお前向きに生きる方を取材
ステージ4の肺がん!医者から1年と言われるが家族で克服!
乳がん全摘出手術を断り独自で治療されている方を取材
がんを克服した人達から聞いた心に響くメッセージ
ガン克服取材CDにご協力してくださった方の出版物・教材・お勧めのアイテム一覧
ガン克服に役に経つ教材
お勧め第1位 
「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」
お勧め第2位
がんのセルフコントロール・イメージ療法にサイモントン療法
お勧め第3位
痛みを軽減できる手当て療法「市川式手当て法」
お勧め第4位
「あなたにもできるガンマッサージ療法」

ガン克服に役に経つ書籍

月刊誌
治療ガイド
サイモントン療法
デットクス関連

教材

ガン克服に役に立つ食事療法
食べ合わせの薬効レシピ
ガン治療に良いとされる温泉
健康を勝ち取るサポートシート
「CAN できるよね」

がん治療-予備知識
がんの種類・症状・治療法
用語集

腸がキレイになると免疫が活性化され更に酵素が作られる-新谷弘実先生の腸内環境理論
便秘と宿便の改善法(コーヒーエネマの働きについて)
がん治療についてのQ&A

がん克服をサポートする
医師達
(取材順に掲載)

がんのような人間まるごとの病気に対するには、体だけの医学では不十分- 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一 先生
これまでに1000人以上のがん患者さんたちの様子を見て- 佐野クリニック 院長 佐野嘉郎 先生
癌の病理組織標本で共鳴反応診断、温熱療法など副作用のない療法を目指す- アドバンスクリニック院長 前田先生
「浄血」こそ万病の根本的な療法。体質にあった玄米・菜食による食事療法を実践−お茶の水クリニック院長 森下先生
腸内環境を整えることこそ、治癒の近道である - ナチュラルメディスン たなべクリニック院長 田辺裕貴先生
西洋医学の標準治療以外にも方法はあり−健康増進クリニック院長 水上治先生
健康な精神・肉体を創るために必要な生物学的療法とは?−キャンサーケアクリニック神田院長 菅野光男先生
多くの人々が健康で幸福に暮らせる活力ある社会作りをめざす−NPO法人 がんコントロール協会 森山晃嗣理事長
「科学的根拠」と「費用対効果」を重視した治療−銀座東京クリニック院長福田一典先生
抗ガン剤も使わず、自分で治せる自律神経免疫療法
湯島清水坂クリニック 院長 宮島賢也先生
酵素に着目した医療で、がんを消す免役強化療法〜鶴見クリニック 鶴見隆史院長
気、血の流れの滞りを取り、がんも治る-自律神経免疫療法 【つむじ押し療法】【爪もみ療法】 日本自律神経免疫療法研究会 理事長 福田稔先生
難病も早期に治る 〜ミトコンドリアを活性化させる免疫病治療法〜 西原研究所所長・日本免疫病治療研究会会長・ミトコンドリア博士(R)西原克成氏
ひとり一人に合わせて処方した漢方で健康に〜
漢方専門医院 松本有記クリニック院長 松本有記氏
ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に!〜
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長 松田麻美子氏
 
自分の道を信じる挑戦者達
(取材順に掲載)
 
人間も畑と同じ。体内の微生物が元気になれば、健康になる。〜松宮隆氏
5本指ソックス(コンフォートサポートソックス)で、本来の健康な体へ戻す

西式健康法の西万二郎先生

がん患者さんの口コミで温熱療法を休む日もなくボランティアで行っている石黒先生part1

温熱法で食道ガンが消えた!石黒先生の奥様のがん体験記石黒先生 part2

「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」予防医学・代替医療振興協会秋好先生
がんの克服に向けて私たちに今何ができるか?-NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン 野本代表
「自然治癒力(免疫力)」を高めることにより自分の力で治すことを目指す- 薬方堂 佐藤先生編
「自然治癒力を発動させる3つの条件」の著者に取材!- 総合整体学院 井草 学院長編
紳士・婦人服店10店舗は『道は近きにある』の積み重ね- 株式会社あさひや 小椋会長 編
「真の意味で心身共に元気になっていただくこと」- 薬剤師 松井先生編
患者さんが元気になるために全力を尽くす - 歯科医の宮本先生編
「愛、勇気、和らぎ、感謝の心をいつも胸に」 鍼灸接骨院の筒井院長
がんと闘う人たちの声
 
 
 
がん克服情報を共有するための試み

当社の蔵書一覧。閲覧いただくことも可能です!

 
 

海外発送サービス

 





がん克服サポート研究会をサポートしてくださる企業様を募集中>詳しくはこちら

 

トップ > ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に! 

ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に!

松田先生

松田麻美子 (まつだ・まみこ)氏

自然健康・治癒学博士(Ph.D. in Natural Health & Healing)。
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長。

1978年、米国ウェスリヤン大学卒。1992年、「アメリカ健康科学カレッジ」で栄養科学の最高学位を取得。2006年、米国ナチュラル・ヘルス大学卒。 栄養科学、自然健康・治癒学を修め、ヒューストン・ナチュラル・ヘルス協会/ヒューストン・ナチュラル・ハイジーン・ネットワークを主宰。日本におけるナチュラル・ハイジーン(自然健康法に基づく究極の健康栄養学)のパイオニアとして活躍。現在、米国ヒューストンに在住。日米間を往復し、「健康な体づくり」のための研究と指導に取り組んでいる。

いつまでも若く美しく健康に!松田麻美子先生来日講演会

ビューティー&デトックスビュッフェパーティin京都
(2012年10月20日/於:京都プラザホテル/主催:美人野菜大学)より

 「良質なタンパク質をとるために、肉を食べないといけない」「カルシウムをとるために牛乳を飲まないといけない」、そう思い込んで毎日のように肉を食べ、牛乳を飲んでいる私たち。でも、もしそれが逆に体に負担をかけ、病気の原因を作っているとしたら…。
日本における「ナチュラル・ハイジーン」のパイオニア、松田麻美子先生の(昨秋の)来日講演では、特に肉や牛乳・卵などを取り上げ、「動物性食品と病気」との関連について話されました。
講演の後は、野菜とフルーツ、ナッツを使ったフルコースのお料理を食べながら、歓談の時間となり、活発な意見交換が行われました。

 

ナチュラル・ハイジーンの基礎知識

●「自然の法則」に準じた健康科学

 「ナチュラル・ハイジーン」という言葉をご存じですか?
これは、「ナチュラル」(自然)と「ハイジーン」(衛生、清潔)を組み合わせた言葉で、「健康および健康維持のための科学」で、「科学的裏付けのある理論」を意味しています。
1830年代にアメリカの医師たちによって系統づけられたもので、「自然と調和していない生き方が病気を生む」、つまり「自然の法則」に従って生きることの重要性を説いた健康理論です。

 

●私たちは自ら病気を作り出している

 私たちは病気になるのではなく、自ら病気を作り出しています。
私たちの食事や生活習慣などの選択が、ホモサピエンスとしての私たちの体にふさわしくないため、体に本来備わっている「自然の防衛力」を破壊し、細胞を傷つけ、機能を低下させ、長い年月をかけて自分自身を病気にしてしまうのです。

 「自然と調和する生き方」とは、例えば動物たちは、自分の身体にふさわしいものを本能的に知っていて食べています。ライオンなど肉食の動物は歯が尖っていて、肉を引き裂くのに適していますが、草を食べることはできません。草をすりつぶすような歯を持たないからです。ですから、草を食べている動物を襲い、まずは内臓を食べて消化された植物の栄養をもらいます。
逆に草食動物は、肉を食べても消化できるような機能を有していません。野生の動物は本能的に自分の体に合うものを知っていて食べています。
ところが人間はどうでしょうか?
例えば、牛乳。牛乳は牛のミルクです。今はどこでも手に入る牛乳ですが、流通していなければ、本来は牛のいるところへ行き、乳から自分がしぼって飲む以外、飲むことはできません。自然には手に入らないものです。
そして、牛乳は子牛が成長するために飲むものであり、ほかの動物の乳を飲み、しかも離乳しないでずっと飲み続ける動物など、ほかにいるでしょうか?
牛のミルク(牛乳)は人間のミルク(母乳)よりずっと多くの成長因子を含んでいるため、牛のミルクで育つ赤ちゃんは、早く成長します。しかし牛のミルクを飲み続けていると、がん細胞も成長していくことになります。
今日、乳製品・牛乳の摂取量は1950年の17倍で、それと比例して特に乳がん、前立腺がん、大腸がんなどが激増しています。
牛乳を飲めば飲むほどがんになる─これは、近年の科学的裏付けによって証明されている事実です。

 私たちも野生の動物のように、「体にとってふさわしい食事をすれば病気にならないし、悪いところは自然に修復される」というのがナチュラル・ハイジーンの理論です。

 

松田麻美子先生の関連書籍

松田先生の本

・・・続きは希輝(きらら)通信13号に掲載しています・・・・

 

老化を加速させているのは「過食」、「ストレス」、「運動不足」の3兄弟


(酵素健康法研究会発行紙「健康の輪新聞」15号より)

 飽食の日本で、好きなものを好きなだけ食べていると、相変わらず体は余分な脂肪の蓄積を行います。「ストレス」はあらゆる代謝機能のコントロールにダメージを与えます。「運動」が不足すると、筋力は衰え、血液循環は悪くなります。
これら「過食」、「ストレス」、「運動不足」の三兄弟が、加齢にともなう体内の現象を加速させるため、現代では寿命をのばす医療は進んでも、認知症ほか生活習慣病、がんなどが一向に減らないのです。

 

●加齢にともなう体内での現象と認知症の関係

高齢になるにつれ、体内酵素が減少し、分解能力が低下します。
高齢で過食をすれば、老廃物や毒物、汚染物質などの体内ゴミも増やしてしまうリスクを高めます。さらに、体内ゴミを分解する「リソゾーム」という酵素の減少も見られ、分解されないゴミ(リポフスチン)などが細胞内いっぱいに占有してしまい、そのことで細胞レベルの代謝機能に支障が生じ、機能障害が起きやすくなってしまいます。このことと関連している免疫低下の結果も、疲労物質や毒素などの汚染物質の蓄積につながっていきます。

 体内ゴミは、若ければ、自然に排泄されていくものです。
若者は元来、新陳代謝も活発で、身体も活発に動かせますし、ストレスも何かと発散させやすい傾向にあると思いますが、加齢によって若者とは逆のメカニズムが起きてくるのです。
つまり、「過食」、「ストレス」、「運動不足」の3兄弟が、体内ゴミを増やす原因になっているということです。

 

体の老廃物・有害物質を出す方法

体のなかに溜まっている「毒素」を排出できるかできないかが、病気と大きく関わっています。
では、「毒素」を素早く排出するにはどうしたらいいのでしょうか?
具体的な方法としては、断食、食事療法、機能性食品、サプリメント、腸内洗浄、赤外線照射、オイルマッサージなどがあります。

●劇的効果の「断食 (ファスティング)」脳も若返ります

 「断食(ファスティング)」は、欧米では「メスのいらない手術」といわれているほど病気を回復させる方法として認識されています。専門の病院もあるそうです。

 日本でも、断食を取り入れた治療を行っている医師や、プチ断食を推奨している民間医療の先生たちが増えてきました。
断食を行う日数や方法については、目的によってさまざまで、無理せず自分ができそうなものを選んでやってみましょう。また病気の場合は医師に相談して行いましょう。

◆断食の効能 
断食は「毒素」を排出することに伴って、次のような効能が得られます。

@すべての臓器が元気になる。
A腸内環境が良くなる。
悪玉菌が減少し、
善玉菌優位になる。
B免疫力アップ
C宿便が出る
D体質・症状の改善
E病気の治癒
F味覚や嗅覚が鋭くなる
G脂肪燃焼(ダイエット)
H脳が若返る
I活力の回復

 

ケトン体とアルツハイマー病

 断食の4〜7日め以降(人により差異があります)になると、体は脂肪組織を分解して、脂肪酸から「ケトン体」というブドウ糖の代替エネルギーを作り出します。このケトン体はアルツハイマー病と大きな関わりがあります。

 ケトン体を供給できる食べ物(ココナツオイル)を摂ることで、アルツハイマー病に効果が期待できるというレポートが出版されています。
(『アルツハイマー病が劇的に改善した!米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能』メアリー・T・ニューポート 監修:白澤卓二より)

癒しのトレーニング サイモントン療法

 サイモントン療法は、米国の放射線腫瘍医で心理社会腫瘍医のカール・サイモントンが考案した、ガン患者とその家族等のための心理療法です。現在ではがんのみならず、ストレスを起因とする様々な病気に対して同療法が提供されています。

●ベースにある考え方は・・・

 人間が抱く感情は、健康に非常に大きな影響を与えています。
肯定的な感情は、私たちの体の免疫と自己治癒力を高め、否定的な感情(感情的ストレス)は、逆にそれらを低下させるということが、様々な研究によって明らかにされています。

感情は、考え方(思考)と生きる姿勢から生まれます。否定的な感情を生むそれらを健全なものに変えていくことが必要になります。
サイモントン療法では、認知行動療法と、イメージ療法を核として取り入れ、心・身体・魂のバランスをとるようにトレーニングしていきます。自分だけでなく、家族・友人・周囲の人々・地域社会・地球・そして宇宙との調和も視野にいれていきます。

●物事のとらえ方からストレスは生まれる

 私たちは、さまざまな悩みを抱えて生活し続けています。私たちは、何かが起きたとき、得てしてその出来事に対して悩まされると考えがちですが、実際には、その出来事ではなく、出来事をどのように解釈したかによって、狼狽したり、悲しむといった感情がわきあがってくるのです。
物事のとらえ方は、人により慣れ親しんだ思考パターンを持っています。

 

・・・続きは希輝(きらら)通信13号に掲載しています・・・・

 

〜編集担当・しろがねの感想

 ナチュラルハイジーンは、19世紀のアメリカで開発された健康法で、アメリカではすっかり定着していますが、日本では松田先生の本さえ知っている人は少ないのが現状です。
 テレビではグルメ番組が多く、スーパーマーケットでは輸入肉や添加物が多いレトルト食品や乳製品、菓子パンがたくさん売れています。
 「私たちは自ら病気を作り出している」と松田先生はおっしゃっていますが、この記事をきっかけに、一人でも多くの方に健康と食べ物について学んでいただけたら、と思います。

 この他、断食の情報、ストレス解消の方法も掲載しています。特に、「サイモントン療法」は、否定的な感情を生む思考を健全なものに変えていくことで、病気(特にがん)を癒していく方法。日常生活でも役に立つ記事になっています。



無料プレゼント!

癌(がん)を克服してきた人達の物語シリーズは、出来る限り長く無料でモニター特典としてプレゼントを行いたいのですが、予告なく終了するかも知れませんので、その際にはご了承下さいませ。
私達もなるべく本当に必要だと感じる方に出来れば長く無料でおくばりしたいという思いがありますので、アンケートなどにご協力してくだった方に無料プレゼントさせていただきます。

取材CD

癌を克服してきた人達の物語CD(音声のみ)
第1〜5弾のいずれか1本無料プレゼント中!

第1弾 「治った!ありがとう」ステージ4の舌癌克服
第2弾 「5年生存率が低いとわかっても、乗り越えられた言葉」
第3弾 「もう一度白衣を着たい」5度の癌克服 
第4弾 「ガン完全治癒の3つのポイント」
第5弾 「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
取材CD

 

ニュースレター
ニュースレター「希輝(きらら)通信」
いずれか1冊無料プレゼント中!
きらら通信

お申込はこちらのフォームから

今なら無料で実際にがんを克服した方、がん克服のお手伝いをしている方、書籍をご購入した方、取材にご協力してくださった方が自由に情報の閲覧が出来るコミュニティサイトにご招待します。→詳しくはこちら

※インターネットでのお申込みについてのご質問等は、
072−737−7735までご連絡下さいませ。
営業時間:月〜金 9:30〜18:00まで 定休日《土曜・日曜・祝祭日》

 

 

トップページ 取材CD・きらら通信をプレゼントする理由 会社概要 ご利用案内 お問い合わせ 最新情報  プライバシーポリシー 
Copyrights(c) 2010  特定非営利活動法人 がん克服サポート研究会 All Rights Reserved